ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

上井邦浩、幸運は続かず2位で終戦

人生2度目のダブルイーグルを「東建ホームメイトカップ」の3日目、17番パー5で達成した上井邦浩は、ツアー初優勝を狙い2位に1打差の単独首位で最終日を迎えた。ところが、スタートの1番で塚田好宣に並ばれてしまうと、3番でバーディを先行させるが4番、5番と連続ボギーで追いかける立場になってしまった。

4番パー5では2打目のクラブ選択に悩んだ末にアイアンを手にした。「2オンも狙える距離なんですが、左からの風が強すぎたので、リスクを考えて刻む選択をしました」。ところが、残り80ヤードからの3打目は、強風に煽られてグリーン右サイドの崖下に吸い込まれてしまう。ピン2メートルに4オンしたが、このパットを決められず、安全を選択したはずがボギーという結果になってしまった。

「この連続ボギーは痛かったです。今日は耐える日だとわかっていたのに、ボギー、ボギーはちょっとしんどいですね。最後は気持ちを切り替えてバーディを獲りたかったけど、ボギーもたたかなくて良かった」。

終盤にスコアを伸ばそうと考えたが、17番パー5はティショットが左に曲がりボールは木の根っこについてしまった。左打ちでフェアウェイ方向に脱出を果たしパーセーブをすることで、2位タイには留まることができた。

最終日はティショットが不安定で苦しいゴルフとなったことに「ティショットさえ調整すれば、他は手応えあるので、今後もチャンスを作れるかな。とにかく勝つチャンスをどんどん作っていきたい」。優勝まであと一歩という試合を何度も経験してきた上井は、諦めることなく悔しい経験を糧とする。「次週(つるやオープン)も嫌いなコースじゃないので、ティショットを修正して、また大会を盛り上げていきたい」と抱負を語った。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。