ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

国内男子QTファイナル初日 池田勇太が好スタート!

国内男子ツアーの2004年度出場資格を決めるクオリファイトーナメントのファイナルがKochi黒潮カントリークラブ(高知県)で開幕した。このコースは昨年の国体でも使用されたコース。その時、少年男子の部で千葉県代表チームを優勝に導いた池田勇太が、2アンダーの「70」ストークでラウンドの3位スタート。

池田は現在高校3年生で、来シーズンはプロとしてのトーナメント出場を狙っている。近シーズンは、日本ジュニアゴルフ選手権で2連覇を果たし、世界ジュニア選手権も制覇。プロのトーナメントにも招待出場し、日本オープンでは19位に入りベストアマを獲得。さらに地元千葉県の袖ヶ浦CCで開催されるブリヂストンオープンでは、決勝ラウンドに進出すると、最終日は憧れのジャンボ尾崎とラウンド。アマチュア離れしたプレーぶりでファンを湧かせた。

2コースを使用して行われ、初日首位に立ったのは5アンダー「67」をマークした井上忠久。1打差の2位には古木譲二がつけている。池田と並び3位には、井田安則、加藤雅成、など5人が並んでいる。ここ数年身体の故障から低迷を続ける金子柱憲は1打差の9位。ツアー2年目の挑戦となる中島雅生、清田太一郎は1オーバーの43位。ファイナルは6日間の長丁場で、4日間終了時点で90位までの選手が5、6日目のラウンドに進めることになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。