ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

素顔のツアープレーヤーたち<藤田寛之選手>

先週のマッチプレーで、藤田寛之が“初体験”したのは、テレビのラウンドリポーター。
試合のほうは、スメイルとの第3回戦でホールインワンを達成しながらも、2-1で惜しくも敗退してしまいましたが、大会後援のテレビ朝日さまの依頼で最終日の決勝戦もそのまま会場に残って“初舞台”を踏むことになりました。

イヤホンをつけ、トッド・ハミルトンとデービッド・スメイルの一騎打ちを密着取材。「気分はもう、青木さんです」と、ゴキゲンの藤田。

<< 下に続く >>

「メジャーでいつも青木功さんがやられているでしょう?“あれれ~、急に風が出てきたよ~”とかいって、ふいに芝をちぎって風に流してみたり(笑)。あんな自然体では、僕はとてもやれないけれど、自分なりに面白く伝えられたらいいですよね」と、スタートしていきました。

いつもの見られる側から、今回は見る側へ。いざ、実際にリポーターを体験して、普段とは違った視点でトーナメントを見つめることで「ギャラリーの方の視線や、違ったゴルフの攻め方も見えてきた」と、新しい発見もあったようです。

そんな中、藤田がひとつ苦労したことがあります。それは「屋外での発声の仕方」です。中継ブースの中やスタジオと違って、外で話しをする場合は風に声が流されたり、雨の音に邪魔されたりして、「普段どおりの話し方では、声が伝わりにくいんですよ。かといってコースで大声も出せないし、最初の数ホールはなかなか慣れませんでしたね」

隣で付き添われていたアナウンサーの方に、話し方のコツを一から教わりながらの初リポート。テレビ中継クルーのみなさんの苦労なども垣間見ることができて、いろんな意味で勉強になった1日だったようです。

今週は、藤田が97年に初優勝を飾ったサントリーオープンです。
今回の貴重な体験を生かして、思い出の大会で2度目の大活躍といきたいところです。

※日本ゴルフツアー機構が発刊しているメールマガジン(プレーヤーズラウンジ)より転載しています。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!