ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、開幕戦に向け現地で軽い調整

2012年シーズンを米国で迎え、先週開催された「マスターズ」を含め8試合に出場した石川遼が、国内ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」出場のため、会場となる東建多度カントリークラブ・名古屋に姿を見せた。

指定練習日となる10日(火)は、14時30分から選手会の理事会が開かれたため、同副会長の石川はその時間に合わせて会場入り。そして、その後の選手総会が終了した16時30分にパッティンググリーンへ向かった。日が暮れ始め、気温も下がった18時すぎまでアプローチとパッティングの練習を行った石川は「今はサンドウェッジで上げて止めるアプローチではなく、52度のウェッジでピッチ&ランの練習を繰り返しています」と課題を挙げた。

前日はコースに現れず、休息と練習にあてたという石川。「昨日は2時間ぐらい、その練習を繰り返していました」という。「マスターズでは多種多様なアプローチ技術を持った選手ばかりで、面白かったのは、フレッド・カプルスがロブで寄せたところを、ダレン・クラークはパターや7番アイアンで攻めていました。やはり欧州の選手のほうが転がすアプローチを多用しています。自分もそういう攻め方が出来るようにしたいです」と、アプローチのバリーエーションを増やすことに集中する。

そして、迎える今季国内の開幕戦。「このコースは過去4回出ているので、米国からの飛行機内で、その4年分のラウンドを振り返ったり、18ホールのシミュレーションをしながらきました。今日はラウンドできなかったので、明日ラウンドしながら、今年のコース状態や、自分の体のキレ具合などを確認したいと思います」と話した。長旅の疲れも見せない石川だが、体調を考慮し、無理のない調整方法で開幕戦を迎える。(三重県桑名市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。