ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

杉原輝雄氏 告別式 近親者らが最後の別れ

2011/12/30 17:23


28日(水)に前立腺がんの転移のため死去した杉原輝雄氏(享年74歳)の告別式が、30日に近親者らによって大阪府茨木市内で営まれた。長男でプロゴルファーの杉原敏一が喪主を務め、親族を中心に20名ほどが列席した。

祭壇の遺影には、輝雄氏が生前「お気に入りだった」(敏一)という写真が掲げられ、棺には「父には“荷物が多すぎる”と怒られるかもしれませんが、天国でいつでもゴルフができるようにという僕らの気持ちです」と、帽子やポロシャツ、ズボン、グローブ、ティ、レインウェアなどが収められた。

<< 下に続く >>

また、棺には用品契約を結ぶデサントとの来シーズンの契約書も収められたという。輝雄氏は以前から、「もうお役に立てない」との理由で用品契約の解除を申し入れていが、同社はこの日、東京から来シーズンの契約書を持参。惜別の想いとともに棺へと収められた。

輝雄氏は、プロ転向後の1957年から通算63勝(国内シニア、海外を含む)を達成。1977年に前立腺がんの宣告を受けた以降も、治療と並行しながらツアー出場を続けた。当時68歳だった06年の「つるやオープン」で最年長予選通過記録を樹立。さらに2010年の「中日クラウンズ」では、同一大会51回連続出場の世界記録を樹立した。同年6月の「ミズノオープン」が最後の出場競技となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!