ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が史上2人目のアマチュアプレーヤーとして最終戦出場

2011年の国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は12月1日(木)~4日(日)までの4日間、東京よみうりCCで開催される。前週までの年間優勝者と国内賞金ランク25位以内の選手のみが出場権を付与される同大会には、松山英樹(東北福祉大2年)が出場する。

今年で48回目の開催を迎える伝統を誇る同大会に、アマチュア選手が参戦するのは2007年大会の石川遼に続く2人目。11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制した一人のチャンピオンとしてティオフする。

前週の「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」で予選落ちした松山は、28日(月)から2日間、当地で練習ラウンドを敢行。初めてプレーするコースの感触を確かめ、とりわけグリーンを入念にチェック。「今できる最高のレベルまでは自分の調子を上げてこられた。いいイメージで、万全の準備ができたと思う」と話した。

今大会で優勝した「三井住友VISA太平洋マスターズ」から4週連続でプロツアーに出場することになる。前週には火曜日、水曜日にアマチュア大会(文部科学大臣杯争奪第4回全日本大学・高等学校ゴルフ対抗戦)を戦い、翌木曜日からツアーに参戦する強行日程。だが「疲れは無いです」とキッパリ。「これくらいやっていける体力がないと戦えない。マスターズは4日間だけだが、思ったより体力を使った。これからオフにまた体力をつけたい」と先を見据えている。

長いシーズンの締めくくり、好成績を残した選手だけが集うエリート大会とあって、独特の雰囲気を感じるプロも多いが「最後だからといって、これでゴルフをやめるわけじゃない」と淡々とした表情は変わらない。「自分はプロではないけれど、同じ場所に立ったらやることは同じゴルフ」と今週も堂々と戦っていく。(東京都稲城市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。