ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

今季初勝利へ藤田寛之が3打差逆転狙う

静岡県の太平洋クラブ御殿場コースで開催中の国内男子ツアー第22戦「三井住友VISA太平洋マスターズ」3日目。大会2日目の降雨により54ホールの短縮競技となった今大会、鈴木亨が通算11アンダーの単独首位に立つ中、藤田寛之が最終日を前に通算8アンダーの3位タイに浮上した。

2アンダー、16位タイから第2ラウンドを開始した藤田は、序盤から危なげない展開で上位進出を果たした。「ピンチが無い感じで、一番自分らしい感じのゴルフができたのかなと思う」。前後半ともに3バーディを奪ってノーボギーラウンド。最終18番(パー5)では残り233ヤードの第2打を5番ウッドで「ほぼ完璧」というショットを見せ、ピン左4メートルに2オン。イーグルパットを惜しくも外したが楽々バーディで谷口徹ベ・サンムン(韓国)と並んでトップに3打差とした。

日本ツアーがオープンウィークとなった前週は中国・上海で行われた「WGC HSBCチャンピオンズ」に出場。帰国直後に乗り込んだ今週は、師匠の芹澤信雄と練習ラウンドを行ったが、まだまだ完全復調へのきっかけは、なかなかつかめないまま。それでも「貪欲に行ける状態でもないが、悲観的になるゴルフでもない」と精神状態は悪くない。

「(他選手にとって)怖いと思いますよ」とリップサービスする、ほんの少しの余裕もチラリ。「とにかく今日みたいなゴルフをやらないと優勝はない。でも今日やれたことを、明日できないわけもない。そう思ってやろうと思う」と自らを静かに奮い立たせていた。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。