ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント/日本オープン初日

高山忠洋(2アンダー、2位タイ)
「(同組の)谷口徹さんに引っ張られながらのゴルフで『いくつまで伸ばそう』とは考えず、1ホール1ホール、鷹之台と勝負できた。(深いラフで)手首は悲鳴をあげている。メジャーだから、このセッティングで勝てたら価値がある。でもまだ初日。耐えながらやっていきたい」

秋吉翔太(2アンダー、2位タイ)
「(21歳はプロ転向後初のツアー出場)とりあえず一生懸命やろうと思いました。緊張感はありました。ラフが長くても、打てるところにあったのが良かったです。(石川)遼くんとは小学生の頃からの知り合い。覚えてくれていてよかった。若手の選手が頑張っているので、自分もその波に乗っていきたいと思う」

ネベン・ベーシック(2アンダー、2位タイ)
「特にパッティングが良かった。フェアウェイは狭くてラフが深い。これまで日本でプレーした中でも、最も厳しいコースのひとつかもしれない。特にラフはオーストラリアのコースよりも深くて難しいと思った。1打ずつ着実にショットを打ってまとめていきたい」

ベ・サンムン(2アンダー、2位タイ)
「ティショットで3番ウッドや5番ウッドで刻んだホールは全部フェアウェイに行った。ドライバーでも半分くらいはフェアウェイをとらえられた。去年はキョンテが優勝したので、自分にもチャンスはあると思う。(同組の松山英樹は)とても上手。スコアは良くなかったが、スイングもいいしパターもうまい」

諸藤将次(1アンダー、9位タイ)
「(出だしの)10番、11番がキーだと思っていた。どちらもなんとかフェアウェイをとらえることができて落ち着いたスタートができた。得意としている3番ウッドが曲がっていたので修正したい。今週はアプローチ次第だと思ってやっている。緊張感はありますが、一球一球、良い感じで集中できた。プロになってからは初めてなので気合は入っている」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!