ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之は1アンダーと上々の立ち上がり

2011/10/13 19:04


国内男子ツアーの今季メジャー第3戦「日本オープン」が13日(木)、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開幕。藤田寛之が4バーディ、3ボギーの「70」で回り1アンダーの9位タイで発進した。

スタートホールの躓き(つまずき)もなんのその。藤田は出だしの10番でアプローチが寄り切らずボギーを叩くが、続く11番で4メートルを沈めてすぐにバーディで取り返した。すると15番では10メートルを決め2つ目のバーディ。折り返しの18番から2連続ボギーを叩いて一時はオーバーパーとするが、グリーンエッジから5メートルを沈めた4番からの2連続バーディで、盛り返した。

14ホール中、ドライバーを握ったのは5ホール。だが刻んだ9ホールすべてで、狙い通りフェアウェイをとらえる試合巧者ぶりを発揮。ティショットにおける試合前からの決め事はほとんどない。「ピンポジション、風向きによって判断する。いくつかルートがある中で、その時のピンの位置からベストな選択をする」と冷静なジャッジが冴えた。

「“ベース”の調子はあまり良くない」と言う。だが「やりがいはある。この雰囲気が自分は大好き」と、いつものように難易度の高いセッティングには武者震いする想い。「最終的にはパッティング。パットのコンディションだけは良い状態でいたい」と一歩一歩、着実に今季初勝利を狙っていく。(千葉県千葉市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。