ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

K.アフィバーンラト、井上、岩田らは逆転での初優勝を狙う

北海道の小樽カントリークラブで開催中の国内男子ツアー第10戦「サン・クロレラクラシック」3日目。通算14アンダーの単独首位には今季初勝利を狙う池田勇太が立った。1打差の2位には平塚哲二。通算11アンダーの3位にはタイのキラデク・アフィバーンラトがつけている。トップを追う選手たちのコメントは以下の通り。

K.アフィバーンラト(-11・3位 3打差逆転で日本ツアー初勝利なるか)
「ドライバーショットの調子が良くなかった。アジアンツアー、日本ツアーと移動が多く、疲れが出てしまった。トップを捕まえて優勝したい。フェアウェイをキープしたい。距離の長いコースはもちろん大好き。自分はロングヒッターだしね」

井上忠久(-10・4位 3日間連続アンダーパーで悲願の初優勝も射程圏)
「謙虚にプレーすると言っていたが、謙虚すぎてパターが全然届かなかった。けれどなんとかショートゲームでしのぎました。それでも今週のテーマは謙虚にいくこと。一打、一打、頑張って終わって笑えたらいい。最終組で回りたかったけれど、スーパーアマチュア(松山英樹)と楽しく回ってきます」

丸山大輔(-9・5位 5バーディ、2ボギーの「69」。首位とは5打差)
「もうちょっと伸ばしたかった。小樽は得意ではないんですよね。本当に難しいイメージが残っていて。(最終日へ向けて)今日みたいに8アンダーが2人いるわけだから、自分にチャンスが無いわけではない。そのくらいを目指していきます」

岩田寛(-8・6位タイ 8つのバーディを奪うが最終18番でダブルボギー)
「18番は(トラブルの)雰囲気があった。ティショットが隣のホールにのフェアウェイに行ってしまって、セカンドが木に当たり、3打目は木の根元から。前半はショット、パットともに良かったが、後半になって15番くらいからドライバーがぶれてきた。明日も今日みたいに爆発しないと上には届かない。今日みたいなミスをなくして伸ばしたい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!