ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「勝てばいい」 勝利を逃した池田、最終戦で逆転賞金王を誓う

2010/11/28 18:35


2週連続優勝、そして逆転賞金王への可能性を広げるべく、「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」最終日を首位タイで迎えた池田勇太。2番、3番で連続バーディを奪うまでは良かったが、5番パー5が勝負の分け目となった。3段グリーンの奥に切ってあるピンを狙った、残り100ヤードの3打目。ちょうど3段目手前の傾斜に落ちると、ボールはバックスピンと傾斜によりグリーン手前のカラーまでこぼれる。ここで、4オン2パットと痛恨のボギー。「アゲンストの風が出てきてしまったことが運の尽き」と、流れが傾いてしまう。

その後も「2、3メートルのパットが一発でも入っていれば、流れは変わっていたと思う」とチャンスを逃し続け停滞。「入れられなかった自分が悪い。今日はパットだけ」。最終的に3バーディ、3ボギーのイーブンに終わり、通算10アンダーの5位タイに終わった。

賞金ランクトップを走るキム・キョンテが20位で終えたため、逆転賞金王への望みを来週の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」へと繋いだが、その差は約3,600万円。優勝が賞金王への最低条件となり、窮地を脱することはできなかった。その状況でも、池田の言葉からは弱気な響きはうかがえない。意見を求められ、こう言い放った。「ものすごく単純。勝てばいい」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!