ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

富田雅哉が5連続バーディで単独3位に食い込む

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の最終日。通算5アンダー6位タイからスタートした富田雅哉が、怒涛のバーディラッシュを見せた。スタートの1番でバーディを奪うと、2番、3番パー3、4番パー5、5番と5連続バーディを奪い、一気に10アンダーまでスコアを伸ばし、優勝争いに加わった。

ところが、7番パー5でダブルボギーを叩き一歩後退。その後11番パー3でバーディ、12番はボギーを叩くが、13番で再びバーディを奪い、招待選手のエドアルド・モリナリ(イタリア)とロバート・カールソン(スウェーデン)と3位集団を形成し、池田勇太キム・キョンテを最後まで追いかけた。

<< 下に続く >>

そして、終盤の17番パー3でバーディを奪い、最終18番パー5でもティショットを左の林に打ち込んだが、2打目でグリーン手前のフェアウェイまで運び、3打目はピンの左2mへ。このバーディパットを沈めて通算11アンダーの単独3位に食い込み、賞金1,360万円をゲットした。

「今日は6打差あったので、とりあえず自分のベストのプレーをしようと思いました。そしたら、5連続が来て、あれっ、これどうしたのかなって思いましたけど。その後も普通にプレーできたという感じですね。今日のゴルフは十分満足ですね」とラウンドを振り返る。

これで今季の総額が3,449万円となった富田は、賞金ランキングで23位に浮上。次週の「カシオワールドオープン」を終えて、ランキング25位以内に入ることができれば、2年連続の「日本シリーズJTカップ」進出となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!