ニュース

国内男子JGTO Novil FINALの最新ゴルフニュースをお届け

朴星俊がチャレンジ最終戦で優勝!来季の出場優先権を獲得!

千葉県木更津市のザ・カントリークラブ・ジャパン(7,007ヤード パー72)で、2010年のチャレンジトーナメント最終戦「JGTO Novil FINAL」が開催された。

このチャレンジトーナメントは、年間賞金ランキング1位の選手には、翌年のレギュラーツアー1年間の出場資格、さらに同2位から7位までに翌年のレギュラーツアー前期までの出場優先権が得られるという争奪戦。

<< 下に続く >>

今週の最終戦、朴星俊(韓国)が見事優勝を手にし、賞金ランキング7位に食い込んで、来年のツアー出場優先権を獲得した。初日は4アンダー「68」でスタートした朴は、3日間ともに60台をマークするという安定したプレーでスコアを伸ばした。今年のチャレンジトーナメントでは、6月に行われた「東北やくらいカップ」の2位タイが最高成績だったが、今回の最終戦で有終の美を飾った。

そして賞金ランキング1位のみに与えられるレギュラーツアー1年の出場資格を手にしたのは、ディネッシュ・チャンド(フィジー)。チャンドは2010年のチャレンジトーナメントで、トップ10入りを3度果たし、うち2度の優勝で見事逃げ切った。

他、出場優先権を獲得したのは、同ランク2位から6位の以下選手、すし石垣小林正則、前粟栗俊太、田島創志小泉洋人の5名。来年のレギュラーツアーにおける、選手達の目覚しい活躍が楽しみである。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 JGTO Novil FINAL




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!