ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】涙、涙の横田「神様は見てくれていた」

2010/10/10 20:40

最終18番で20センチのウィニングパットを残し、ようやく勝利を確信したという緊迫の18ホール。13年と19日ぶりのツアー2勝目を手にし、グリーンサイドで待ち受けていた、妻でタレントの穴井夕子さんと抱き合った。「パパ、おめでとう!頑張ったね!」。苦楽をともにした妻と、涙を流しながら勝利の喜びを分かち合った。

05年から2年間は選手会長として、当時どん底にあった男子ツアー復興に向けて奔走した。3年前から開催された「キヤノンオープン」も、横田の尽力により実現したトーナメントの1つ。だが、その多忙な日々の代償として、06年にはシード権を喪失した。その状況と貢献を考慮し、JGTOからは特例シードを与えられたが、「選手会長としてやってきたことがウソになる」と辞退。「僕の人生の究極の選択だった」という決断は、結果的に厳しい現実を生んでしまった。この日、最高の勝利を手にするまでは。

「今日勝って、初めてあの時に断って良かったなと思った。神様は見てくれていたと思った。あの時(選手会長時)は“みんなの為に”と思っていたけど、いいことをして良かった」。ゴルファーとしての活動を犠牲にしてまで実現させたトーナメントで勝利し、「今日で穴埋めできましたね」と感慨深げ。横田の生き様に、ようやく勝利の女神が微笑んだ。

「主人はすごく人が良すぎて・・・。パパとしては最高だけど、ゴルファーとしては良いところを見られないと思っていた。優勝も諦めていたので、こんな日が来るとは思っていませんでした。今までで一番嬉しい日です」と夕子さん。この日、2人の女神が横田に微笑んだ。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!