ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 シティバンク カップ 宍戸ヒルズの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】祝・完走!?3ダボでも無事逃げ切った宮本勝昌

まさか終盤こんなことになろうとは、宮本勝昌本人も予想はしていなかったと言う。国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権シティ杯宍戸」最終日、2位に7打差をつけてスタートした宮本は、1番をダボ発進とするも、直後の2番パー5でグリーン奥からチップインイーグル。6番パー5でもバーディを奪って通算10アンダーとし、「普通にプレーすればいけると思った」と振り返る。

13番で2mのパーパットを沈めて一安心。リーダーズボードを見ると、2位の平塚哲二とは6打差がついていた。「マッチプレーだったら終わっているのに・・・」。そのちょっとした心の隙間に、じわじわと弱い思考が侵入してきた。

続く14番では15mのファーストパットを2mショートして3パットのボギーを叩く。15番のティショットは、「散々練習してきたのに、体が止まってしまった」と左の林を越えて、隣の17番ホールのラフまで落としてしまう。そこから、17番のティグラウンド、そして16番の池の淵を経由してのダブルボギー。さらに17番でも、ティショットを左ラフに入れてレイアップを選択したが、3打目はまたも左にひっかけてグリーンに載らず、アプローチを1m弱に寄せたが、このボギーパットも外してしまう。

僅か4ホールで2ダボ1ボギーと5ストローク落として、平塚との差は2打に縮まる。「同じ人がやってもこんなにゴルフって変わるんだ」と宮本。17番から18番ティに向かうインターバルでは、「マラソン選手がふらふらでゴールまで行くような感じで、ギャラリーの応援も沿道の人に声を掛けてもらっている心境でした。聞こえるのは“頑張れ”じゃなく、“あと少しだぞ!”って。俺、ゴルフしてるんだよなって(苦笑)」。

それでも、最終18番のティショットをフェアウェイに運ぶと、2打目でグリーンセンターへ載せることに成功する。「ギャラリーの拍手が聞こえて、“ヨシ”っていうのはありました」。宮本の長い1日が、ようやく幕を閉じようとしていた。

今週で108試合連続出場中。2001年1月1日以降のツアー最長記録を更新中で、今大会の優勝で年末に行われる「日本シリーズ」の出場権も獲得し嬉しそうな笑顔を見せる。そんな宮本が心配したのが、女子ツアーの優勝者。「甲田さん?」聞いたことが無いという様子の宮本。「じゃあ、大丈夫だよね!?」とにんまり。懸念したのは紙面の大きさ。そりゃ、メジャーチャンピオンですから、きっと大丈夫だと思いますよ!(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 日本ゴルフツアー選手権 シティバンク カップ 宍戸ヒルズ




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。