ニュース

国内男子ダイナスティカップの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ダイナスティカップ
期間:04/15〜04/17 ミッションヒルズゴルフクラブ・ワールドカップコース(中国、深セン)

日本チーム大苦戦。総合ポイントでアジアチームが逆転!/VISAダイナスティカップ2日目

中国・深センのミッションヒルズGCワールドカップCで開催中の日本対アジア対抗戦「VISAダイナスティカップ2005」。2日目は2人1組でのフォアボール(2人がそれぞれプレーし、各ホール良いほうのスコアがチームスコアになる)。各チームの代表12人による計6試合が行われた。

トップでスタートした近藤智弘谷口拓也が6&5の大差でアジアチームを破り、幸先の良いスタートを切るもその他のチームは大苦戦。2組目~4組目まで敗れ総合ポイントで逆転されてしまった。

残る2チームは初日に負けている丸山茂樹深堀圭一郎片山晋呉&神山隆志。12番から1アップリードしていた丸山&深堀チームは17番で追いつかれ結局オールスクエア(引き分け)。「ともかく悔しい」とラウンド後の丸山は悲痛な表情を浮かべた。

最終組の片山&神山チームも1ダウンで18番を迎えるという苦しい展開。すでにホールアウトしている日本チームの面々が見つめる中、賞金王の片山が意地を見せパーディフィニッシュ。なんとかオールスクエアに持ち込み0.5ポイントを獲得した。一矢を報いた形にはなったが、得意のハッスルポーズは見られなかった。

結局、1勝、2分、3敗で本日の日本チームの獲得ポイントは2ポイントのみ。トータル5.5ポイント対6.5ポイントでアジアチームに逆転を許してしまった。

「最後に片山君がオールスクエアに持ち込んでくれ、2ポイント差になりかねないところを1ポイント差になったことが大きい」と語ったキャプテン・青木功。2年前のリベンジ達成に黄色信号が灯った形になったが明日はシングル戦12試合。ダイナスティカップを持ち帰るには7ポイントが必要になる。接戦を予想し“トリ”は丸山茂樹を据えた逆転勝利を狙う。

▼2日目フォアボールマッチプレーの結果

1組目:近藤智弘谷口拓也 ○ 6 and 5 × ブーンチュ・ルアンキットプラヤド・マークセン
2組目:鈴木亨平塚哲二 × 3 and 1 ○ トンチャイ・ジェイディ&マーダン・ママット
3組目:川岸良兼加瀬秀樹 × 2 and 1 ○ 張連偉&ウェン・チョン・リャン
4組目:宮本勝昌藤田寛之 × 3 and 2 ○ アマンディープ・ジョール&サマヌーン・スリロット
5組目:丸山茂樹深堀圭一郎 △ a/s △ ジェイ・ケイ・モー&アンジェロ・キュー
6組目:片山晋呉&神山隆志 △ a/s △ タワン・ウィラチャンジョティ・ランダワ

▼最終日シングルス戦の組み合わせ

1組目:谷口拓也VSブーンチュ・ルアンキット(タイ)
2組目:近藤智弘VSタワン・ウィラチャン(タイ)
3組目:藤田寛之VSアマンディープ・ジョール(インド)
4組目:神山隆志VSジェイ・ケイ・モー(韓国)
5組目:加瀬秀樹VSアンジェロ・キュー(フィリピン)
6組目:川岸良兼VSサマヌーン・スリロット(タイ)
7組目:鈴木亨VSマーダン・ママット(シンガポール)
8組目:宮本勝昌VSプラヤド・マークセン(タイ)
9組目:平塚哲二VSトンチャイ・ジェイディ(タイ)
10組目:深堀圭一郎VSウェン・チョン・リャン(中国)
11組目:片山晋呉VSジョティ・ランダワ(インド)
12組目:丸山茂樹VS張連偉(中国)

★GDO動画特別企画実施中!

日本対アジア対抗戦「VISAダイナスティカップ2005」の模様を、日本人選手を中心に練習風景、スタートホールのティショット、インタビューなどの動画をお送りしています。記事による速報と合わせてお楽しみください。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ダイナスティカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。