ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

帰国は前夜 米下部ツアー予選会通過のチャン・キムが寝ぼけ眼で5位発進

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(10日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

母国・米国でプレーする扉を開いたチャン・キムが強行スケジュールをものともせず、日本ツアーに帰ってきた。7日まで米国で行われた米下部コーンフェリーツアーの最終予選会を2位で通過。来季の出場権を獲得して早々に、昨季賞金王としての力も見せつけた。

<< 下に続く >>

2023年の職場をかけた戦いを終えたのは、日本時間の8日(火)早朝。前日9日(水)の午後4時に成田空港に到着し、御殿場のホテルには同8時に入った。サウスカロライナと日本を隔てる14時間の時差はキツイ。午前1時には目が覚め、眠れないまま夜を明かした。

足元はフワフワ、終盤は寝ぼけ眼でいながら「67」、首位と3差の3アンダー5位発進を決めるから周りは驚く。最終18番(パー5)はイーグルフィニッシュ。「疲れていることを考えると、きょうは良いプレーができた。練習ラウンドのような気持ちでやったので、結果はすごく満足」と笑った。

最終予選会では首位で迎えた最終日に「71」と伸ばせず、2位でコーンフェリーツアーのフルシードは逃したものの、1月半ばの開幕戦から12試合の出場が保障された。

来年以降のことを考えれば、今週はオフにする手もあったが「出たら勝つ機会が増える」とハードな戦いをいとわない。今季は出場8試合でトップ10入りが3回。賞金ランキングは23位で「日本シリーズJTカップに出るときにできるだけ上にいたい」。つかの間の休息も入れるつもりはない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

関連リンク

2022年 三井住友VISA太平洋マスターズ



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!