ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

中島世代 21歳アマ鈴木晃祐が初の“日の丸ウェア”で2位

◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップ 最終日(15日)◇大洗GC(茨城)◇7163yd(パー70)

「JAPAN」のロゴが刻まれたユニフォームの着心地は最高だ。「めちゃくちゃ気持ちいいです。重みがあります」。昨年末にナショナルチーム入りしたばかりの21歳・鈴木晃祐(すずき・こうすけ/東北福祉大4年)が1打差の2位フィニッシュを決めた。19位から出た最終日に「63」のベストスコアと大爆発。きらりと光るアマチュアがまたひとり現れた。

<< 下に続く >>

難攻不落の大洗GCでぐんぐんスコアを伸ばしていく。本人も「“自分”なのかな…と思うくらい」の猛チャージだった。19位から2つ伸ばして折り返したバックナインで、11番から5mのチャンスを立て続けに決めて3連続バーディ。残り230ydを4Iで2オンさせた15番(パー5)、8mを流し込んでイーグルを決めると、「(首位と)2打差…2位にいる」と驚いた。

「16番のティショットは緊張しました」と笑いつつ、上がり3ホールもバーディパットを打ち続けた。パーが並びトップには食いつけなかったが、「悔いはないです」と胸を張った。

千葉県出身、2000年生まれは中島啓太(日体大4年)と同世代。「啓太は埼玉なので小学校の頃から知っていました」という相手は1カ月前の海外メジャー「マスターズ」にも出場した。「アジアアマも勝って、(アマランクで)世界一。遠い存在です。(自分が)勝っているところなんてあるのかな…。ゴルフの面だけじゃなく、こういうインタビューもそう。スピーチも。ぜんぶが素晴らしい」と仰ぎ見ている。

昨年、中島が優勝した「日本アマ」で6打差の3位だった。背中を追うようにして、最終学年にしてナショナルチームの一員に。「自分がまさかこんな立場でプレーする日が来るなんて」。前週、初参加した宮崎の合宿もさっそく刺激的だった。得意にしてきたパッティング、ラウンド中のメンタルコントロールの術を教わり、今週さっそく実践。この日のグリーン上でのプレーにさっそく役立った。

ボギーを少なくする、粘り強いプレーが信条。「憧れの選手? 松山英樹選手であったり、石川遼選手であったり、たくさんいる。それぞれの強み、いろんな良いところがある。いいとこどりをできれば」と近い将来のプロ転向、まずは今年のQTを見据える。同い年の強烈なスターは、今はライバルと呼べない。「まだ“世界”というのは遠いイメージ。まずは(日本での)賞金王を目指してそこから考えられれば」と着実な歩みを志した。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!