ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

フェニックス複数回Vは日本勢でジャンボだけ 歴代王者の戦いぶりは

2021/11/20 07:10


◇国内男子◇ダンロップフェニックス 2日目(19日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71)

かつて海外の有力選手を招待してきた大会は、コロナ禍もあり昨年から日本ツアーの選手たちによる優勝争いが演じられている。2019年王者の今平周吾が予選2日間を「68」、「67」でまとめて通算7アンダー。首位に3打差の5位と好位置につけた。

<< 下に続く >>

シーズン終盤戦に「ティショットへの不安がなくなってきた。コントロールしても距離が出てくれている」と復調気配。2番から2連続ボギーが先行した後、反撃を開始した。4番(パー5)からの2連続バーディで遅れを取り戻し、上がり5ホールで3バーディを決めて上位に陣取った。

大会は過去にセベ・バレステロス(スペイン)、トム・ワトソンラリー・マイズタイガー・ウッズルーク・ドナルド(イングランド)、ブルックス・ケプカらが複数回優勝を達成。日本勢では1994年から3連覇した尾崎将司だけだ。レジェンドが残した記録の1つに寄り添えるチャンス。「そういう思いはありますけど、とりあえず良い位置で最終日を迎えられるように」と静かに意気込む。

一方で18年に優勝した市原弘大は初日首位スタートを切りながら、2日目に「78」をたたいて1アンダー38位に急降下した。「林に何回入れたかわからない」というほどティショットが乱れ、フェニックスCCのワナにかかった。「パッティングにはむしろ助けられて、入らなかったら予選落ちも見えていた。貯金をだいぶなくしたけれど、またイチからコツコツ頑張りたい」

そのほかの歴代勝者は4アンダー21位に片山晋呉。前年の金谷拓実のほか、武藤俊憲宮里優作が2アンダー31位、首位と8打差で週末に入る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!