ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「自分、プロゴルファーやってるな」 幡地隆寛は未知の最終組に喜びと学び

2021/11/14 08:00


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目(13日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

同じ最終組で回った比嘉一貴金谷拓実も、幡地隆寛にとっては東北福祉大の後輩にあたる。それでも首位タイから出る心構えは「僕だけ優勝していない。優勝を経験した人がどういう(最終組で)雰囲気を出して、どういうゴルフをしているのか。優勝を狙うというより挑戦という感じ」とひたすら謙虚だった。

<< 下に続く >>

1番で幸先よくバーディ発進。2番で3パットボギーも、5番で2個目のバーディ。2日連続ボギーだった難関6番も左ラフからのセカンドはギリギリ右の池を越え、赤線の内側に止まった。池のフチにつま先立ちするようなアドレスから寄せ、1パットのパーセーブ。ポイントに挙げていたアウトコースを1つ伸ばして折り返し、401ydのパー4となる後半10番では自慢の1Wショットでグリーン手前までかっ飛ばしてバーディを奪った。

「自分、プロゴルファーやってるな」。ギャラリーを引き連れてのラウンドに幸せをかみしめながら、悔やんだのは一気に気温が冷え込んだ終盤。2ボギーを喫して迎えた最終18番(パー5)のセカンドは残り163ydの右ラフ。林が邪魔になっていたが、フォローの風を感じていたこともあり、普段170ydで計算している9Iでスライスをかけても十分に届くはずだった。

しかし、結果は右の池。「結局、(ピンまでは)20ydくらい足りていなかった。気温も落ちてきた中で自分の変化を把握しきれず、距離が足りずに池に入れてしまったのが心残り。経験しないと分からないことだと思うけど…」とうつむいた。

ドロップして寄せワンのパーでしのぎ、通算4アンダー2位と優勝争いには踏みとどまった。単独首位の谷原秀人は同じ広島出身で東北福祉大の大先輩。「僕がジュニア時代から憧れの選手。緊張というより、楽しみな気持ちがすごく強い。自分のやるべきことをひとつひとつやっていくことが、最後には優勝につながると思う」と学びの姿勢は崩さない。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!