ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

11月1日に結婚 幡地隆寛が指輪に誓う米挑戦

2021/11/12 17:01


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(12日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

左手薬指に指輪をはめてプレーするのは前週に続いて2試合目になる。新婚の幡地隆寛が首位タイでトーナメントを折り返し、初優勝に挑戦する。

<< 下に続く >>

お相手の志保さんとは3年以上にわたる交際を実らせた。「レギュラーに上がる前から応援してもらってきた」。初シードを手中に収めている28歳にとって、ツアープレーヤーとしての下積み時代を支えてくれた存在だ。

11月1日に婚姻届を提出。「1、1、1の並びが好きなので、1月11日でも良かったけど、僕は1日のほうが良かった。1日にこだわった結果、11月1日になりました」。日付を優先しただけでなく、プロゴルファーとしてひとつの覚悟を決めるタイミングでもあった。

「来年、米国のQTを受けたいという願望があった。彼女は英語がすごくできる人なので、僕としては一緒についてきてもらいたかった」。今季ドライビングディスタンスで1位(313.3yd)に立つ飛距離を見れば、本人も周囲も米挑戦の夢を描きたくなるスケール感。

「僕自身、それをやっていけるほどのレベルなのか…」と踏ん切りをつけられずにいたが、弱点のショートゲームを強化し、レギュラーツアーでも成績が伴ってきたことで自信も芽生えてきた。「気付けば、もう28歳。チャレンジして損はない」と腹をくくった。

今年の出場資格に照らし合わせれば、日本ツアーメンバーとしての資格で米下部コーンフェリーツアーの予選会(Qスクール)のファーストステージから挑戦することが可能。「やっぱり、ずっと自分が成長している姿、もっと上のステージで戦う姿を(妻に)見せてあげたい」と力を込める。

大きなチャレンジを予定する新たな一年を前に訪れた、初Vのチャンス。トップで金谷拓実と並び、1打差3位には谷原秀人比嘉一貴。周りを固める東北福祉大の先輩も後輩も、みな優勝経験者だ。

「最終組で決勝ラウンドを迎えるのは初めて。意識しなくても緊張してくると思う。焦らず、最終組で回るという経験を4日目につなげることを考えたい」。187㎝、98㎏の大きな体で大志を抱き、ドキドキの優勝争いに飛び込む。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!