ニュース

国内男子バンテリン東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

QT1212位から下部ツアー8戦3勝で“昇格” 成り上がる19歳・久常涼

2021/09/30 07:10


◇国内男子◇バンテリン東海クラシック 事前(29日)◇三好CC西コース (愛知)◇7300yd(パー71)

前週アマチュア優勝を成し遂げたばかりの中島啓太(日体大3年)が注目を一身に浴びる今大会、もう一人勢い十分の若手がいる。久常涼は下部AbemaTVツアーで3勝を挙げ、2007年に制定されたツアー規定の適用第一号となって残りシーズンのレギュラーツアー出場権を獲得した19歳だ。

<< 下に続く >>

コロナ禍の昨年プロ転向も、特別QTのランキングは1212位。出場機会がほぼ期待できない状況から、予選会からはい上がり、自身のシーズン初戦となった5月「太平洋クラブチャンレジトーナメント」で3位に入って次戦の出場権を確保。再び好成績で出場機会をつないだ3戦目「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」で初優勝するなど、8戦3勝で獲得賞金は下部ツアー史上初となる1000万円突破を果たした。

「去年QTに失敗して、予選会からスポットで出るしかないと思っていた。本当にこの場所にいられるのがうれしいですし、ワクワクしています」と全身から喜びがあふれる。

持ち味はキャリーで300ydを飛ばす1Wショット。「基本、刻みません。ドライバーを持って、セカンドでほかの人より短い番手で狙っていく。みんなそこまで(毎ホール)ドライバーを握らないので、Abemaでもアドバンテージを取れた」

スポット参戦したレギュラーでは今季5試合で予選通過2試合にとどまっているが、セッティングの違いに戸惑いはないという。「ジャッジミスでの予選落ちだったり(シンプルに)自分が良いプレーができていない。自分のプレーさえできれば、どこでも通用すると思っている。アバウトに攻めるだけではダメなので、よりマネジメントが必要になってくる」と話す。

2016年には14歳でツアーの舞台に立ったことも。5年が経ち、現在の体重は80㎏を超えている。「連戦が続くと食事量が減ってしまうので、いまは意識的に食べています。ちょっと重たい面はあるんですけど、飛距離も伸びていますし、より強い球が出ている。まだまだ脂肪が多いので、今後は筋肉量を増やしてケガに強い体を作っていきたい」。19歳はゴルフも体も成長が著しい。(愛知県みよし市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バンテリン東海クラシック




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!