ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2冠の52歳 手嶋多一がレギュラーツアー8試合ぶり予選突破

2021/09/25 07:05


◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 2日目(24日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72)

手嶋多一がレギュラーツアーでは8試合ぶりに予選を通過した。前半2番にボギーを先行して7番までパーが続き「途中良くなかったのでどうなるかと思ったよ」とおどけたが、4バーディを奪って通算5アンダー23位で週末につなげた。

<< 下に続く >>

前週は「日本シニアオープン」で後続に8打差つける圧勝で、「日本オープン」に続く2つ目の日本タイトルをつかんだ。その余韻を楽しむように「明らかに自分がプレーしているとき、あわてずに落ち着いてできた。きのうもOBを打っても焦ることはなかった」。前日の反省を踏まえて、OBを出したホールでは1Wを握らなかった。

2018年に22年間守ってきたレギュラーツアーの賞金シードから陥落し、19年にシニアデビュー。その初戦でツアー初優勝を遂げ、いまはシニアとレギュラーの両ツアーで精を出す。「持つクラブが違いますね。シニアの場合もロングホールはチャンスになるけど、しっかりフェアウェイに落とさないといけない。刻んで3打目の勝負になると、届くホールも少ないし」

2021年はレギュラー13試合、シニア6試合と休む間もなく出場し続け、「誰よりも試合に出ています」と自負する。「体力、ありますよね(笑)。どこが痛いとかはないので幸せですよね」

7歳からゴルフを始めておよそ45年。羽川豊井戸木鴻樹など先輩プロのプレーは「本当に勉強になります」と学びの姿勢は変わらない。1つ歳上の谷口徹からは、シニアオープン最終日の前夜に「『4人目になるんか、4人目やなぁ』みたいなメールが来るんですよ(笑)。普通、気を遣いません?不安になる時を狙ったように来ますからね」と、いじりも楽しんでいる。

一方で、目指すのはやはりレギュラーツアーのシード復帰。賞金ランク84位につけており「かじりつきたいですよね」と言う。あと2日間は一つでも順位を上げるのみだ。(京都府城陽市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!