ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

刻むホールは「8」から「2」へ 矢野東の輪厚攻略

2021/09/17 20:11


◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 2日目(17日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063yd(パー72)

歴代優勝者の矢野東が、2日目に5バーディ、ノーボギーの「67」で通算8アンダーとし、首位と1打差3位に浮上した。ツアー3勝の矢野だが、2017年に右ひじの怪我が悪化してシード喪失。だが、20年末の特別QTでトップとなり、復活に向けたシーズンを戦っている。

<< 下に続く >>

開幕前から「絶好調!」宣言をしていた矢野。「(2試合前の8月)KBCくらいから、(良い)ゴルフができそうだなっていう感じがあった。コーチにも上向きだから面白いんじゃないかなって話をして出てきたので、スコアになってよかったです」と甘いマスクで微笑んだ。

「インパクト前後のフェースコントロールの精度がだいぶよくなって、スピンコントロールが上手にでき始めている」というのが技術的な向上ポイント。「きょうは風が強かったけど、ティショット、セカンドもスピンコントロールが良かったのであまり気にならなかった」と危なげなく18ホールを回りきった。

同じ輪厚で開催された2008年の優勝時には「(14ホール中)8ホールでティショットを刻んでいた」というが、今年刻んでいるのは2ホールだけ。「今回は練習ラウンドを若い子とやって、みんなドライバーを打つから、そういうゴルフなのかなと思った。それだけ道具も進化して、飛んで曲がらなくなっている」と攻め方も時代に合わせて変えている。

「あとはアプローチとパターがもうちょっと良くなってくればなぁ」と、13年ぶりとなる大会2勝目へ少しずつその形が見え始めている。(北海道北広島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!