ニュース

国内女子住友生命 Vitality レディス 東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子は“強すぎ”稲見萌寧に感嘆「ゴルフのお手本を見せてもらった」

◇国内女子◇住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 初日(17日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6502yd(パー72)

風に吹かれ、後半は横殴りの雨にも打たれた大会初日。渋野日向子は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、2アンダー7位と上々のスタートを切った。「この天候のなか、このスコアで上がれたのはうれしい」と笑顔を見せつつ、「内容は納得していない」と課題も残るゴルフとなった。

<< 下に続く >>

前半8番までパーを並べ、9番でピン右1mに寄せてバーディを先行した。レインウェアに袖を通した後半は13番で「練習していた」25ydほどのアプローチショットを寄せられずにボギー。続く14番は1.5mを外して3パットのボギーをたたいた。

17番、18番の上がり2ホールを連続バーディで終えたが、「17番は距離感が合っていなくて、18番も練習していた距離からは乗らずのチップイン。練習していることができてのバーディではなかった」。求めている力を出せてのスコアというわけではなかった。

自分のゴルフに専念する一方で、目線は同組となった稲見萌寧のプレーにも向けられていた。この日、稲見は珍しくグリーンを捉えられずにいたが、グリーン横のバンカーから数十センチに寄せるなど、ピンチをしのいでノーボギー。「パーオンできなかったところのパーキープ率がすごい。(自分との)差が感じられる」と粘り強さに感嘆した。

「いまの稲見萌寧は“強すぎる”ので、このタイミングで一緒に回らせてもらって、これは見るしかないと思っていた。自分も負けないようにではあったけど、『今のモネのゴルフはどんな感じなんだろう?』とギャラリー目線でチラチラ見ていました」

目の当たりした、銀メダリストの「グリーンを外してもボギーを打たないゴルフ」。大会初日からエンジン全開で行くのではなく、リスクを抑えてスコアを作っていく大切さを学んだという。「自分もこういうゴルフがしたいと思いました。ゴルフのお手本を見させてもらったという感じ」。課題を胸に、納得のいくゴルフでの決勝ラウンド進出を目指す。(愛知県美浜町/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 住友生命 Vitality レディス 東海クラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!