ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

ドライバーは長いがパターは短い 石川遼は2日目も“今季最高順位”

2021/07/02 18:16


◇国内メジャー◇日本プロゴルフ選手権 2日目(2日)◇日光カンツリー倶楽部(栃木県)◇7236yd(パー71)

シャフトが48インチ近い長尺の1Wを振り回す一方で、石川遼はこれまでより2インチ短い33インチのパターを握ってコースを攻略している。「最近、長くて重く感じていた」という35インチから今週に入ってスイッチ。「アドレスで手元の位置がしっくり来た」モデルで2日間の平均パットは「26.5」とグリーン上で安定した。

<< 下に続く >>

長年“エース”としてバッグに入れてきたL字マレットではなく、ピン型にしたのは「少しオートマチックに打てる形状を試してみたかった」から。スタート前の練習ではカップではなく、グリーン上に立てた1㎝未満の白い棒をターゲットにしてショートパットの練習を繰り返し、精度を高めている。

5バーディ、2ボギーの「68」で回った2日目は「ドライバーショットはきのうのほうが良かった。なかなか良いゴルフをさせてもらえなかった」。一時、単独首位に立ちながら後半インでスコアを伸ばせず不満も残った。前半5番からの3連続バーディはすべてパー4。アイアンショットの復調で上位戦線に踏みとどまったといえる。

首位には1打差の通算7アンダー。「良い2日間だったと思う」という36ホール終了時点での3位は2020-21年シーズンの最高順位になった。「天気次第だけど、あと2日を“4アンダーずつ”というのはひとつの(目標)ラインになるかなと思う。ただ、(1日)6アンダーというスコアは不可能ではないのでチャレンジしたい」。ムービングデーは最終組の1つ前の組でティオフする。(栃木県日光市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!