ニュース

国内男子ダンロップ・スリクソン福島オープンの最新ゴルフニュースをお届け

「松山英樹ジュニアインビテーション」開催 中嶋常幸が語るマスターズV

◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 3日目(26日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島)◇6961yd(パー72)

大会を主催するダンロップ(住友ゴム工業)と契約を結ぶ松山英樹の「子どもたちにゴルフというスポーツに興味を持ってもらいたい」との思いから、2015年の第2回大会に始まった「松山英樹ジュニアインビテーション」。今回は小学生から高校生まで20人が参加し、米国から本人のビデオメッセージも届いた。

<< 下に続く >>

「マスターズで優勝することができました。応援していただきありがとうございます。コロナの状況もあり、なかなか日本でも試合ができない状況ですが、米国で頑張って、皆さんに良いプレーを見せることができたらと思っています。きょうはいろんな人の話を聞いて、吸収して、頑張ってください」

メジャーチャンピオンのVTR出演に続き、その「マスターズ」でテレビ解説を務めた中嶋常幸が講演を行った。中嶋は選手として11回、オーガスタの地でプレー。ジャック・ニクラスが46歳で大会最年長優勝を飾った1986年にはグレッグ・ノーマン(オーストラリア)、セベ・バレステロス(スペイン)らとともにV戦線に加わった。

「サンデーバックナインの9ホールは息ができないくらい苦しくなる」と極限状態を振り返り、後半13番(パー5)の1打が勝負の分かれ目だったと明かした。「残り188ydくらい、つま先上がりで6Iのショット。普段通り打てれば寄せられるはずなのに、ガチガチでコントロールできなかった。バーンと打ってグリーンの左奥にこぼれて、アプローチを寄せられなくてバーディが獲れなかった。あそこでバーディが獲れなかったことで最後、優勝争いに絡めなかった」と言った。

日本へ帰国したタイミングで祝福の電話をかけると、松山が最終日15番(パー5)で放ったセカンドの話題に。ピンまで227yd、4Iを振り抜いたショットは予想以上に飛んで奥の池へ入った。「中嶋さんが(1986年の)13番で加減ができなくなった、コントロールできなくなったと言っていたのと同じ感じでした」と話していたという。

スタートの1番でも3Wのティショットを右の林に入れるなど、テレビ画面越しでも松山の緊張が伝わってきたという中嶋は「最大の勝因はドライバー」と指摘。左からアゲンストの風が吹く2番(パー5)、左右に曲げればトラブル必至の最終18番といったホールで見せた完璧な1Wショット。「メーカーの人たちも3年4年がかりで本当に良いドライバーを作った」とした上で「(すべてにおいて)妥協しないところが、彼の一番いいところ。出来ないと思った先を頑張るから、彼のようになれる。皆さんにとってもマスターズ優勝や全米女子オープン優勝は夢ではない。目標なんです。どうか、自分の限界を超えてください」とジュニアたちに語りかけた。

イベント後、中嶋はトーナメント出場から離れている自身の状態についても説明した。両肩のけがは幹細胞治療で良くなってきたが、「球は打てるようになったけど、2日連続がマックス」。以前半月板を手術した左ひざに水がたまることによる違和感にも悩まれている。「来年(の福島オープン出場)は目指しています。自分に対して、予選通過するくらいの期待が持てないと(出場するのも)失礼な話」とプライドをにじませた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ダンロップ・スリクソン福島オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!