ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

ライバルも“お手上げ”の強さ 星野陸也に火をつけた金谷拓実の存在

2021/05/16 17:43


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 最終日(16日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

星野陸也が有言実行で勝ちきった。7月の海外メジャー「全英オープン」(イングランド・ロイヤルセントジョージズGC)出場には優勝しかないと自らを鼓舞して臨んだ、25歳の初戦。「自分で優勝すると決めて優勝できたことがうれしい。いやー、やり切った感がメチャクチャあります。自分の中でよく頑張ったなって」。優勝特典の全英切符を手にし、満面の笑みで言った。

<< 下に続く >>

強風が吹き荒れ、途中から雨まで降りだした前半を3アンダーで駆け抜けた。「自分の中で完璧なゴルフができた」。最終組でともにプレーした浅地洋佑も「陸也があの風の中で伸ばして“お手上げ”状態。前半のプレーを見ていたら(このままいけば)絶対に勝てないと思った」と振り返る。

後続に5打差で入った後半、チャンスホールの11番(パー5)から2連続ボギーをたたいた。次は345ydと短いパー4の13番。1Wを握りしめることで、揺れ動く気持ちを奮い立たせた。「雨が降ってきて、フォローの風も弱まっていた。刻むか狙うか迷ったけど、2位との差があったとしても攻めなくちゃいけない、と」。グリーン手前まで運び、最後は奥から4mを沈めてバーディとしガッツポーズ。続く14番もバーディを獲り、終わってみれば「69」で4打差の圧勝だった。

若手のホープとして期待を背負い、順調にステップアップしてきたが、そんな星野の世界ランキング(100位)を金谷拓実(同76位)が猛烈なスピードで追い抜いていった。学生時代には日韓対抗戦で同じチームになり、圧倒的な成績を収めてMVPに輝いた姿を鮮明に覚えている。

池田勇太と激闘を繰り広げた2017年「日本オープン」もテレビで釘付けになる側。「自分がプロになって優勝しても、金谷君はアマチュアで優勝して、プロになってもすぐ優勝して…」。学生のときからリスペクトしていた“年下のすごいヤツ”は想像を超えるとんでもない選手だった。「負けていられない」と闘志に火が付いた。

金谷がすでに出場権を持っていた次週の海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」(サウスカロライナ州キアワアイランド)の招待状が届いたのは今週のこと。「全英」も同じ舞台に立つことになり、国内ツアーの賞金レースでは金谷を抜いて1位に浮上した。

「メジャーでしっかり自分のゴルフを出せるように。(国内では)賞金王を目指すことで(成績に比例して)世界ランキングも上がる。世界ランク50位以内にこだわって、マスターズに出場して、世界の舞台で活躍することを目指したい」。若き才能の切磋琢磨が、日本ゴルフ界の次世代を築いていく。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!