ニュース

国内男子アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

狙うはマスターズ出場とツアーV アマ中島啓太「松山さんと金谷さんの流れに」

2021/05/16 16:22


◇国内男子◇アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ 最終日(16日)◇相模原ゴルフクラブ 東コース(神奈川県)◇7298yd(パー72)

中島啓太(日体大)が6バーディ、3ボギーの「69」をマークし、通算5アンダー13位に食い込んでローアマに輝いた。米澤蓮杉原大河(ともに東北福祉大)、河本力(日体大)、杉浦悠太(日大)といったライバルたちを抑えてのフィニッシュに「自分の中では日本アマ優勝くらいの価値と思っていいのかな」と喜んだ。

<< 下に続く >>

杉浦が首位発進した初日はショートパットのミスに苦しんで「73」とオーバーパー。44位スタートから「71」→「70」→「69」と日ごとにスコアを伸ばしていった。

72ホール目の18番(パー5)で2mのバーディパットがわずかに決まらず、トップ10入りこそ1打及ばなかったが、「自分が上に行くことだけを考えた。ゲームプランを間違えず、ピンポジションに対して良い場所にボールを運べた。難しいピンポジションに風も吹いていた中でボギーを最小限に抑えられたと思うし、数少ないチャンスをしっかりゲットできた」。世界アマチュアランキング1位の底力を見せた。

コロナ禍で状況は見通せない部分もあるが、自らへ課すノルマはブレない。「アマチュアでいる間の最大の目標がマスターズに出ることと、男子ツアーで優勝すること。(例年)秋に行われるアジアアマで優勝して来年のマスターズに行くこと、出場できるチャンスがある(国内)男子ツアーで優勝を目指して頑張りたい」と改めて言った。

いずれも松山英樹金谷拓実の飛躍の礎になったルート。「金谷さんも松山さんも達成されている。自分もその流れに乗っていきたい。1ラウンドの中で数回、本当にもったいないミス、後悔するようなプレーがある。もうちょっと上に行くためには、そこだけ」。見据える高みへたどり着くため、もっともっと強くなる。(神奈川県相模原市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!