ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

アマ中島啓太は惜敗に涙「追いつけなかった」

2021/04/18 18:55


◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日(18日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

「あと一歩、追いつけなかったです」。2打差3位から出たアマチュアの中島啓太(日体大3年)は目を赤くして言葉を震わせた。首位を走る金谷拓実が10番から2連続ボギーを叩いたこともあり、一時は1打差に迫った。それでも3バーディ、1ボギーの「69」で終え、首位と1打差の通算10アンダー2位と惜敗した。

<< 下に続く >>

前半は耐えるゴルフが続いた。出だし1番からティショットを右ラフに投げるなどショットは安定せず、4番のパー5で3パットのパー、続く5番でボギーをたたいた。「ショットも悪いし、パットも入らない。ほんとに流れが悪かった。苦しい状況だった」。だからこそ、8番で残り15mのバーディパットを決めたときは思わず空を見上げた。

ハーフターンして差を1打に縮めて迎えた17番(パー5)。ドライバーを握って振り抜いたが、ボールは右側の池へ。「風もわかっていた。(距離的に)右の池に届くのもわかっていた。ちょっとの迷いというか、120%の集中ができてなかった」と振り返った。

それでも最終18番では10mのバーディパットをねじ込み、ガッツポーズ。「打つ前からなんとかして、応援してくれている人たちにアピールをしたかった。絶対に決めよう」と渾身のパッティングとなった。

「金谷さんを追い詰められたとは全然思ってないですし、この1打差のなかには本当にたくさんの差がある。今日の悔しさは忘れずに。金谷さんからも『(次に出場予定の)中日クラウンズ(4月29日開幕)でまたやろう』って言ってくれた。リベンジさせていただきたい」と前を向いた。

そんな金谷は中島について「ナショナルチームとかで仲良くして友達という感じだけど、プレーとか練習する姿勢とかはすごいし、ライバルみたいな存在」と明かす。「これからもプロのトーナメントで名前が出てくる選手だと思う。自分も頑張っていきたい」と語った。(三重県桑名市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!