ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

名物18番で50㎝バーディ 金谷拓実「感動をかみ締めながらプレー」

2020/12/04 08:01


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

前日に「寒気がするようなグリーン」と話していた名物ホールの18番(パー3)。金谷拓実は3UTのティショットをピンそば50㎝につけ、この日、小田孔明と2人しかいないバーディを奪った。「ビビりながらプレーしたけど、ティショットがいい方向に飛んでくれた。うれしかった」と笑みがこぼれた。

<< 下に続く >>

もはや恒例となりつつある「初日は苦手」のフレーズ。実際、プロ転向前に出場した国内外のプロツアー25試合で初日をトップ10で終えたのは、2015年「日本オープン」と1年前に全英切符をつかんだ豪州ツアー「エミレーツ・オーストラリアオープン」だけだった。それが直近3試合の第1ラウンドは8位、12位、この日も3アンダー8位と上々の滑り出しが続いている。

出だし1番でバンカーからのセカンドショットをいきなり50㎝に絡めるなど5バーディ。「どんどんバーディを獲っていってやろうと強い気持ちでプレーした。いつもだったら、オーバーパーを打つくらいのスロースタート。最近はそこ(初日)に強い意識を持っていっているので、少しずつ改善して、前みたいに出遅れることは少なくなったかな」という実感を裏付けるように、首位とは3打差につけた。

「テレビでずっと見てきた試合。そこでプレーしている感動じゃないですけど、かみ締めながらプレーしました」。初出場の舞台を振り返る言葉は初々しいが、ルーキー初のツアー連勝へ力強いスタートを切った。(東京都稲城市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!