ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

静寂の18番で聞こえた「歓声」 石川遼は“久々”の好発進

2020/12/03 17:04


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

石川遼はスタート前の練習場でショットの感触を確かめながら、合間で何度もポケットに入れたヤーデージブックを取り出して確認していた。マネジメントへの強い意識をうかがわせる一幕。一方でトッププロの技術をもってしても、綿密に練った戦略通りにいかないこともざらにある。

<< 下に続く >>

「『絶対に行きたくないな』と決めていたところには確かに行ってない。大きな崩れにはなっていないけど、自分が想定していたところよりも少し外れるショットが2打とか3打あった」。前半8番(パー3)はティショットを右のバンカーへ入れながら、微妙な距離のパーパットをねじ込んだ。9番は1Wショットがしっかりとフェアウェイを捉えたが、2打目はピンと反対側のグリーン右サイドに乗った。

「本当はセカンドショットを3、4m左側、グリーンセンターに乗せたかった。それがちょっとずれてしまったけど、ロングパットでしのぐのも、メチャクチャ大事」。カップより大きく右を向いた長いバーディトライは、8mほど転がってからほぼ直角に方向転換。ゆっくりと傾斜を下って、ストレスのないパーパットを残してくれた。

3月から初めてコーチを迎え、スイング構築やコースとの向き合い方も新たな取り組みを続けているシーズン。「きょうのグリーンのスピードだったら、カップのところまで止まらずに落ちてくるというのをどこまで信じてやれるか。そこは感覚と経験を頼りにしていかなきゃいけない。ショットが悪いときも、自分が持っているものの中で戦う。そこに頼るしかない瞬間もある」。蓄積してきた経験の引き出しを開け、難局を乗り切った。

例年グリーン周りをギャラリーが取り囲む、名物ホールの18番(パー3)も静寂に包まれている最終戦。ピン手前3mに絡めるショットを披露した。「自分がJTカップで打ってきたショットの中でも、かなり上位に入るショット。自分には歓声が聞こえました。(気持ちは)勝手に盛り上がってましたよ」と笑った。

バーディパットは惜しくも左に外れたが、「67」で首位と3打差の3アンダー8位。初日にアンダーパーをマークしたのは、今季9月以降の国内で開催された試合では初めてのこと。連覇への挑戦を通じ、テレビ画面越しでもファンに熱狂を届けたい。(東京都稲城市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!