ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

1年前Vの記憶をリセット 石川遼「新たな自分として来ている」

2020/12/02 18:04


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 事前(2日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

コロナ禍で世界が一変した1年の間に石川遼も決断を下した。「29歳の年になって、初めてコーチについた」と3月から契約する田中剛氏との取り組みは、ディフェンディング大会への向き合い方にも大きな影響を与えている。「また新たな自分として来ているような感じ。去年この攻め方でうまくいったから今年も、というのは1ホールもない」と言い切った。

<< 下に続く >>

1年前を振り返れば、開幕前の練習場からフェードボールを打つ姿があった。年間を通じてアイアンはドローボール、1Wショットもストレートからドロー軌道をイメージして打っていたシーズン。しかし、さらなる高みを目指した中盤の調整がはまらず、状態は下降線のまま最終戦を迎えていた。「応急処置じゃないけど、ドライバーに関してはフェードになっても仕方ないと(出球を)左めからという感じでいった」。直前の修正がはまった結果の優勝だった。

「ことしは去年とは違う。ベースとしてはドローをイメージしているけど、フェードも打てるというか、去年に比べて、かなりシンプルな動きができている。フェードが求められるホールでも、いままで以上にスムーズにホールに向かっていける」。進めるスイング構築の手応えが口ぶりからにじむ。

「グリーンのスピード、読みとかは去年までの経験を生かしていく。切り捨てるところ、生かしていくところは分かれていく」。3年連続12回目の出場、優勝2回と蓄積された成功体験から取捨選択を経て臨む2020年最終戦となる。

「連覇とか、先のことはそこまで考えていない。9割9分、目の前のコースをどう攻めるか、どうやって一打でも少なく上がるかに集中している」とスタンスを明確にした。(東京都稲城市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!