ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

「こんなに差が出るとは…」石川遼、片山晋呉との差を痛感

2007/11/30 18:27


石川遼がプロツアーで初の最終組、そして片山晋呉と初めて同組でラウンドした「ゴルフ日本シリーズJTカップ」2日目。独走態勢に入った片山に対して、石川は21位タイに大きく後退と、明暗がハッキリと分かれる結果となった。

片山と最終組でラウンドすることが決まった前日、そして今朝コースに入ってからも「(過去に)ここまでの緊張は無かった」という石川。「最後まで自分の世界に入れなかった。最後まで自分の気持ちをコントロールすることができず、一つ一つのショットに余裕がなくなってしまった」と、覇気のない口調で淡々と話した。

<< 下に続く >>

「理由はなぜだか分からない」と振り返りながらも、「片山さんにとっては、最終組は当たり前。僕の中では片山さんと最終組はセットで、その世界に自分も一緒にいるという意識が、(自分を)コントロールできなかった原因かもしれない」と、プレーの乱れの一因に片山の存在があったことを認めた。「片山さんはスキがないし、次元が違うと思う。ゴルフでこんなに差が出るとは…。僕もプロツアーに出場し続けてプロに少しは近づいたかな、とも思っていましたが、勘違いだったことが分かりました」と、3年連続賞金王との差を見せ付けられ、現時点でのレベルの差を痛感したようだ。

最終組から一転、明日の3日目はトップスタートから2組目の早いティオフとなる。「昨日と今日では(プレー内容が)あまりに違うし、今日より悪いゴルフはないと思う。今日はチャンスがなかったけど、これからスイングを修正して明日はチャンスをつくっていきたい。自分の中では最悪なスイングがけっこうあったので、直していきたいですね」と、3日目以降の仕切りなおしを図っていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!