ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

シーズン初の予選落ちを回避 今平周吾はカットライン上で決勝へ

2019/11/29 18:48


◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(29日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7335yd(パー72)

「雨が降らなければ、思うようなショットが打てると思います」。前日の言葉は本当だった。初日84位タイと出遅れた今平周吾は晴れ渡った空の下で4バーディ、1ボギーの「69」。通算1アンダーのカットライン上、48位タイで決勝ラウンドに進んだ。1月の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」の棄権を除き、今季の国内ツアーすべてで予選通過となった。

<< 下に続く >>

決勝ラウンド進出を逃せば、賞金王戴冠の可能性は次週「日本シリーズJTカップ」に持ち越されていた。穏やかな天候に恵まれたこの日は前半5番(パー5)までに3バーディ。「ショットはだいぶ戻ってきました。きのうよりはよかった」と安定し、後半は1バーディ、1ボギーで乗り切った。

3700万円以上の差をつけている賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)、同3位のチャン・キム(米国)と2日間プレーをともにした。ライバルたちの視線は「いまのところは、そこまで意識していません」。とにかく「予選だけはいつも通りたいと。ちょっと今週は危なかった」と週末のプレー権を手にして安堵した。

各ラウンドのパット数は初日「33」、2日目「29」と決めきれていない。「結構ラインが読みづらいところがある。タッチが2日間とも合っていなかった。ショート気味になることが多かったので、あしたからしっかり打っていきたい」。トップとは9打差。単独23位以内でも、他選手の成績次第で2年連続のタイトルが転がり込む可能性がある。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!