ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

「66」で急浮上の金谷拓実 2週前は“初体験”のメンバー落ち

2019/11/15 18:23


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(15日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)がこの日のベストスコアにあと1つに迫る「66」をマークした。調子の波が低迷する状態が続くなか、3オーバーの51位タイから一気に挽回。6バーディを決めたあと、16番にダブルボギーをたたいても、通算1アンダー16位タイまで順位を上げた。

前日より風が穏やかなコンディションで、金谷はアウトを回った前半のうちにバーディを5つ奪った。7番(パー3)ではグリーン右奥のバンカーからチップインさせてガッツポーズを見せるなど、ショートゲームがスコアメークに貢献。上位もガマンのプレーを求められる予選2日間を終え、首位とは5打差にいる。

「きのうは風が強いなかでアイアンショットの縦の距離感が合わせられなかった。きょうは良い球を打てたと思います」。予選落ちした前年大会のリベンジにもひとまず成功したが、表情がどうも浮かない。10月に「アジアパシフィックアマチュア選手権」でプレーオフの末に敗れてから調子が上がらない秋を過ごしている。

ついには2週前、大学タイトルの「信夫杯争奪日本大学対抗戦」では団体戦のメンバーから漏れた。大会は1チーム6人のエントリー選手から各ラウンドで5人がプレーし、上位4人のトータルスコアで争われる(1日18ホール、計36ホールのストロークプレー)。金谷は初日、チームワーストの「74」をたたき、2日目は出場選手に選ばれなかった。「大学に入ってから初めてでした」。チームは2連覇を達成したが、心境は複雑といえた。

同大学の阿部靖彦監督は「金谷のほかにも頑張っている選手はたくさんいる。ウチはメンバーを“名前”で選ぶことはしない。松山英樹にもそういうことがあった」と頑として言う。「自分でも“奢り”があったのかなって…」と金谷。目下の世界アマチュアランキング1位選手も、苦労をしっかり重ねている。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。