ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾が初トップ50 ミケルソン26年ぶりに外れる/男子世界ランク

3日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、国内ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」を2位で終えた今平周吾が53位から50位に上がり、初めてトップ50に入った。今年末まで同50位以内をキープできれば来年の「マスターズ」出場権が得られる。

また、フィル・ミケルソンが今平らに押し出されて50位から51位となり、1993年以来26年ぶりに世界トップ50から外れた。

世界ゴルフ選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」で11位に入った松山英樹は、2ランクアップの20位。同大会を制したロリー・マキロイ(北アイルランド)は2位で変わらず、ブルックス・ケプカが1位をキープした。タイガー・ウッズは1ランク落として7位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!