ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「シャワー浴びて帰ります」 岩田寛が今季ベストの2位

2019/09/08 17:02


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日(8日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

首位と7打差6位から出た2014年大会覇者の岩田寛が1イーグル7バーディ、2ボギーの「64」でプレー。2015年「セガサミーカップ」以来のツアー通算3勝目とはならなかったが、通算13アンダーとして今季自己最高の2位で4日間を終えた。

前半3番(パー5)で12ydをチップインさせイーグルを奪うと、「もしかしたら優勝できるかも」とスイッチが入った。さらに一つ伸ばしてハーフターンすると「上が伸びていなかったのでそこから攻めました」。14番と15番(パー5)で1mにつけると、16番(パー3)では40㎝につけるスーパーショットを魅せ、17番(パー5)でも60㎝に寄せ、4連続バーディとし首位に迫った。

ホールアウトした時点で首位と2打差だと知り「シャワー浴びて帰ります」と諦めた。それでも、優勝した14年のスコア(通算10アンダー)を上回り、「あの時とは状況も違うので何とも言えませんが、アウトで伸ばせたので良かった」とかすかに微笑んだ。

「パットがあまりよくなくて、どちらかというと今日はショットでバーディを獲った感じ。いつもと違う優勝争いで、1日タッチが合わず、あまり打てなかった。悪いときにも修正できるように何か(策を)見つけたい」とグリーン上に課題も残った。

次週は「9割予選落ちしている」という苦手な「ANAオープン」(札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース、北海道)だが、「笑顔で…。あまり期待しないで。輪厚は大変なので。ほんとは期待したいんですけど、笑顔で回りたい」と静かに意気込んだ。(山梨県富士河口湖町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。