ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は9打差12位で最終日へ「あきらめずに」

2019/09/07 17:56


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 3日目(7日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

石川遼が4バーディ、2ボギーの「69」でプレー。通算4アンダー12位で終えた。前半1番で2打目をグリーン奥にオーバーし、寄せきれずボギーとすると、2番(パー3)ではグリーン手前に外した。寄せてパーでしのいだが、きょうもアイアンの距離感に苦しんだ。

前日はグリーンの読みにも苦戦したが、3番(パー5)で1mのパーパットを沈めると「クロスハンドのいいときの感覚に比べて、ちょっと違うなという感じがあった」と5番からグリップを順手に変更しきっかけを掴んだ。「久しぶりに読み通りに転がった」と7番(パー3)で5m、後半10番では3mのバーディパットを沈めた。12番、13番(パー3)も連続バーディとした。

8月の「セガサミーカップ」から3週連続での出場となるが、2週後の韓国プロゴルフ協会(KPGA)、アジアンツアーとの3ツアー共催競技「シンハン ドンヘ オープン」(ベアーズベストチェオンナGC・韓国)の欠場を決めた。

「いまのところ悪いところはない、毎日不安なくやれてはいる」としながらも、「今年はケガから始まっているのもあって、4試合、5試合続けてがギリギリかな」と理由を説明した。

あすは首位と9打差からのスタートとなる。「1位を見ると数字は離れていますけど、きょうも悪い内容ではなかった。あすも内容と向き合って、いい一打を打っていくことで、いいスコアにつながっていくと思う。何が起きるか分からないのであきらめずに頑張りたい」と意気込んだ。(山梨県富士河口湖町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。