GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

凹→凸でスピン性能UP マックダディ4 ウェッジ

「大根おろしができる」凸部

溝と溝との間に4本の凸部 溝と溝との間に4本の凸部

キャロウェイゴルフ(本社・東京都港区)は24日、「マックダディ 4 ウェッジ」を、11月17日より発売することを発表した。フィル・ミケルソンが、あまりのスピンに思わず叫んだ「MACK DADDY!」(すごい!)から生まれたシリーズの最新作はどのように進化したのか。

4代目マックダディ ウェッジ 4代目マックダディ ウェッジ

ヘッド素材は軟鉄鋳造ウェッジ。ヘッドはクローム仕上げとマットブラック仕上げの2種類。前作「マックダディ3 ウェッジ」はフェースの溝と溝との間に小さな溝を作っていたが、今作は4本の凸部を作ることで、さらなるスピン性能を向上させた。フェースを開いたときでも凸部があることで、ボールが食いつきスピンがかかるという。

丸山茂樹は麻雀牌に例えるなら、前作の「4ソー」に対し今作は「9ソー」と表現した

発表会当日に訪れた丸山茂樹はアプローチのデモンストレーションを行い、「フェースを触ってみるとザラザラしているのがわかります。これで大根おろしができますね(笑)。SWを選ぶ時、フライト(弾道の高さ)を大事にするのですが、ボールが上がりすぎずイメージ通りの弾道です。打った時の『ジュクッ』といった打感もいい」とコメント。

4つのソール形状を比較。新しいXグライン 4つのソール形状を比較。新しいXグラインドは開いても構えやすいので上級者向きといえる

ソール形状は4種類(S、C、W、X)。今回から加わったXグラインドは、WとCを融合させた。ワイドソールをベースに、トウとヒールとソール後方部分を削った。ソールの広さによるやさしさを保ちつつ、フェースを開いても使いやすく仕上がっている。

シャフトはダイナミックゴールド S200、モーダス3 ツアー120(S)、NSプロ950(S)の3種類。価格は、1本税抜2万2000円(税込2万3760円)。問い合わせはキャロウェイゴルフお客様ダイヤル0120-300-147。


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~