ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

音にもこだわり ブリヂストンゴルフ「TOUR B330」ボールを発表

プロ使用球、飛びの「X」とスピンの「S」 

飛びの「X」は赤、スピンの「S」は青のパ 飛びの「X」は赤、スピンの「S」は青のパッケージで発売される

ブリヂストンスポーツ株式会社(東京都港区)は18日、世界のツアーで勝つためにプロ・上級者に向けて、さらに進化したゴルフボール『BRIDGESTONE GOLF TOUR B330シリーズ』を発表した。飛びに特化して開発された「X」シリーズとスピンに特化した「S」シリーズの2機種をラインアップし、3月4日に発売する。

「飛んで、止まる」だけでなく、アゲンストにも負けない弾道やラフからもスピン性能を発揮するなど、厳しい条件下でもプロや上級者が求めるショットが打てるように開発を進めたという新ボール。飛距離面では、コア中心部分と外側部分の硬さの差を用いた同社独自の技術「ハイドロコア」をさらに進化させた「スーパーハイドロコア」を搭載し、特にフルショット時の低スピン効果が増すという。

スピン性能では、「スリップレスバイト・コーティング」という新しいコーティング技術を採用した。すべりにくい独自の塗料をかけることにより、ラフからのアプローチや悪いライからのショット時などに前モデルよりも高いスピン性能を発揮し、軟らかいアウトカバーだけでは補い切れなかったスピン量保持を実現したとしている。

また、過去のボール開発実績から、ユーザーの重視する打感は「打音」によって左右されるとし、新ボールにはオーディオメーカー「パイオニア」社との協同研究結果を反映した。Xは「芯を感じるしっかりとした打感」、Sは「フェースに吸い付くソフトな打感」となる周波数領域の音が演出されているという。

「X」シリーズは宮里優作宮本勝昌ブラント・スネデカー(米国仕様)、「S」シリーズは片岡大育マット・クーチャーが使用予定。価格はオープン。予想実勢価格は6000円(税抜、GDO調べ)。

問い合わせはブリヂストンスポーツへ、0120-116-613。


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~