ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

最近の上級者向けアイアンには“顔”以上の性能がある

2013/10/03 17:32


技術革新により、難しいクラブが打てるようになった

また、上級者も中・初級者も、アイアンの性能の恩恵を受けているという点では変わりない。タイトリストでは、AP2アイアンを2007年にリリースしているが、3世代目のAP2アイアンは、ブレードのサイズは当初と変わらないのに慣性モーメントは大幅にアップしているのだ。タイトリストのダン・ストーンR&D副部長は「オリジナルのデザインを振り返るゴルファーがいないことは分かりました。ゴルファーが気に入るクラブを製造すれば、そこから慣性モーメントを最大化し、そのクラブがゴルファーに支持されるのです」とコメントしている。

では、上級者向けアイアンは、そこまでのレベルではないプレーヤーでも打ちこなすことができるのだろうか?もしアイアンセットの一番長いクラブが6番アイアンというなら、このカテゴリーのアイアンセットは向かないだろう。しかし、一貫性を求めているのなら、こういった完成されたコンパクトなデザインのアイアンでも良いかもしれない。もちろん使いこなすスキルは必要だが、難しそうに見えるヘッドに及び腰になることもないのだ。

最後にナイキのウッドとアイアン部門のイノベーションチームリーダーであるロバート・ボイドは次のようにまとめている。「技術革新のお陰でロングアイアンが簡単になり、上級者向けアイアンを使うことができるプレーヤーの層が拡大しました。中級者でも少し難しいと思うクラブの恩恵を受けていますよ」。

最新の上級者向けアイアンを紹介
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。