ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ナイキクラブ開発秘話 第3話 タイガー・ウッズが納得するものを「METHODパター」

2009/12/24 11:30


「ナイキ開発秘話シリーズ」第3話は「METHODパター」。前回に続き、今回も米国テキサス州にあるフォートワースで開発する川口洋氏にインタビューを行った。

今までナイキは「ユニタイズド」「ICパター」「OZパター」など、数々のパターを世に送り出してきたが、今回の「METHODパター」はツアープロからも高い評価を得ている。

メソッドパターの特長は、フェース部分にソフトポリマー製の溝を採用している。ミルドスチールや、ポリマーをインサートしている従来のフェースと比べると、インパクト後にボールが順回転をするタイミングが早く、プレーヤーが意図するラインどおりに打っていける。また削り出し特有のインパクト音により、絶妙な距離感を損なわないよう演出している。

実際に海外ツアーで結果を出しており、海外ツアーで活躍するポール・ケーシールーカス・グローバーはパターを苦手としていたが、2009年のパッティングランキングで上位にくるほど、パターの調子が上がってきた。

また、世界NO.1プレーヤーのタイガー・ウッズも、「METHODパター」に期待をよせている。タイガーは長年の間「スコッティキャメロン スタジオスタイル ニューポート2」を愛用しているが、以前試合でパターが決まらず、パターでキャディバッグを叩いたところシャフトが曲がってしまい、使えなくなってしまった。

しばらくの間、セカンドパターの「METHODパター」を使用して大会に出ざる得ない状態になったタイガーだが、このパターが期待に応える。カナダで開催されたエキシビジョンマッチでコースレコードを出すほど、パッティングが冴え渡った。
タイガー曰く「ボールが順回転になるタイミング、心地よいインパクト音、ソフトな打感で距離感が合う」と絶賛。

いままでナイキのパターには見向きもしなかったタイガーだっただけに、ナイキスタッフは一同に喜んだという。今はまだ、タイガーの「セカンドパター」という立場だが、いづれエースパターになる日がくるのかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。