ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

より扱いやすく進化 テーラーメイド「ステルス2」シリーズ2月発売

テーラーメイドゴルフ(本社・東京都江東区)は11日、2023年の最新モデル「STEALTH 2」(ステルス2)シリーズのドライバーを2月17日に発売すると発表した。22年に発売した「ステルス」シリーズの後継となり、同シリーズのフェアウェイウッド、レスキューも同日発売する。

「ステルス2」最大の特徴は、同社のウッド史上初めてカーボン素材の容量が他素材を超えた点だ。21年モデル「SIM2」のソール後方部に搭載されていたアルミニウム製のリングは、カーボン製の「特殊強化カーボンコンポジットリング」に進化。ソールとクラウンを含めて、カーボンの割合を高めたヘッドが誕生した。

<< 下に続く >>

前作「ステルス」で初採用された60層のカーボンツイストフェースは、新たにフェースセンター部分を厚くする積層方法を採用し、高初速エリアの拡大に成功。フェース重量は前作と比べて約2g軽くなり、ボール初速アップを実現したという。

ヘッドタイプは、直進性が進化したスタンダードの「ステルス2 ドライバー」、高弾道でつかまる「ステルス2 HD ドライバー」、15gのスライド式ウエートを搭載する低スピン仕様の「ステルス2 プラス ドライバー」の3種類。すべて前作に比べて慣性モーメント値を上げることで、寛容性を備えたモデルに仕上げた。

発表会に参加した塩見好輝は、「ステルスは弾き感が強かったが、今回(ステルス2)はくっつく感じが強い。球を強く押している感覚があり、打感がやわらかくなったように感じる」とフェース面の進化についてコメント。2022年に用具使用契約を同社と結んだ岡山絵里は、「(前作と比べて)構えやすさが増した。つかまりが良くなったので、やさしくなった」と好印象を口にした。

ヘッド体積はすべて460cc、ロフト角は9度と10.5度。長さは「ステルス2」と「ステルス2 プラス」が45.75インチ、「ステルス2 HD」は45.5インチ。標準シャフトは三菱ケミカルとの共同開発シャフトを採用し、「ステルス2」と「ステルス2 HD」は「TENSEI RED TM50(’22)」、「ステルス2 プラス」は「Diamana TM50('23)」を装着。税込価格は「ステルス2」と「ステルス2 HD」が9万3500円、カスタムシャフトは11万3300円。「ステルス2 プラス」が9万6800円、カスタムシャフトは11万6600円。問い合わせはテーラーメイドゴルフカスタマーサービスコール(0570-019-079)まで。

テーラーメイド
優れた飛距離性能と高い寛容性により、さらに直進性が進化した「カーボンウッド」
発売日:2023/02/17 参考価格: 93,500円
テーラーメイド
優れた飛距離性能と高い寛容性に加え、ハイドローバイアス設計により高弾道で飛ばせる「カーボンウッド」
発売日:2023/02/17 参考価格: 93,500円
テーラーメイド
優れた飛距離性能と寛容性を兼ね備え、個々のプレーヤーに応じた弾道調整機能を併せ持つ「カーボンウッド」
発売日:2023/02/17 参考価格: 96,800円

関連リンク



あなたにおすすめ


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!