ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 場所:メリオンGC(ペンシルベニア州)

息詰まる最終日 32年前と今大会のピンポジション

ゴルフトーナメントのメディアセンターには、選手たちのラウンド後のコメントや、気象状況、大会に関する記録など、様々な資料が膨大な量のシートとなって日々蓄積されていく。国内外を問わないが、その枚数や記録自体の細かさも、それぞれのツアーが持つ規模に比例するようだ。

2013年の「全米オープン」最終日。スタート前のそこには、なんとも粋なシートの束があった。32年前にここメリオンゴルフクラブで行われた際の、最終日のピンポジションの位置を示すシートだ。上部に年度を示す「1981」と、最終ラウンドを示す「4」の数字。隣の全米ゴルフ協会(USGA)のエンブレムが誇らしげだ。

<< 下に続く >>

現在は、技術の進歩によりパソコンはもちろん、携帯電話やタブレット用アプリなど様々なツールで、世界のあらゆるところから閲覧が可能だ。しかしその情報自体は、時が経過しても価値が損なわれることは無い。

もちろん道具の進化や、グリーンの形状も少しずつ変わっているから、当時と今とのコースの難易度など、このシートを見比べて単純な比較はできない。しかしこれが、エキサイティングなトーナメントを演出するための重要な資料であることは、疑いようがない。

この日、優勝したジャスティン・ローズが奥からフェアウェイウッドで転がして寄せたアプローチ、フィル・ミケルソンが最後の望みをかけてはなったウェッジショット。すべての人が固唾をのんで凝視した最終日のピン位置は、手前エッジから24ヤード、左から7ヤード。そしてこの過去の資料に目をやると、81年大会は手前21ヤード、左8ヤードとある。いずれもグリーンの左奥だった。

全米オープンは、最高難度のセッティングを用意するため、大会を開催する数年前に「全米アマチュア選手権」などUSGAの主催する他のイベントを行うなどして、入念に準備を重ねていく。それでも、32年を経ても、最終ラウンドにふさわしいカップのポジションは変わらなかった。名シーンが当時とシンクロする、そんな楽しみも歴史あるメジャートーナメントの魅力だ。(ペンシルベニア州アードモア/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 全米オープン

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!
ユニクロは、2013年マスターズ優勝者のアダム・スコット選手を”グローバル ブランドアンバサダー”として迎え入れました。 アダム・スコット選手がトーナメントで着用しているウェアは、胸ロゴを除いてユニクロ店舗で販売しているウェアと一緒です。 つまり、普段の生活でも使えるものを、トッププロがゴルフで着用できるのがユニクロの良さです。 彼がPGAツアーで着用するウェアをスペシャルサイトにて紹介しています。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!