ニュース

米国男子ファーマーズ・インシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ファーマーズ・インシュランスオープン
期間:01/24〜01/27 場所:トーレパインズGC(サウス、ノースコース)(カリフォルニア州)

母校のために戦う“ユニバーシティ・デー”

前身の「ビュイックインビテーショナル」から2010年にメインスポンサーが変更された米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランスオープン」の土曜日は例年、“ユニバーシティ・デー”なるイベントが試合と並行して行われている。

この催しは、決勝ラウンドに進んだ選手の希望者が、出身大学のチームカラーを基調にしたウエアを着用して第3ラウンドのスコアを競い合うもの。エントリーした選手の中で、ベストスコアを出したプレーヤーが勝者となる。しかしこの競技が、一風変わっているのは、ボーナスが各プレーヤーに入るものではないところにある。

<< 下に続く >>

トップだった選手の賞金1万5000ドルは、出身大学のゴルフ部に寄贈される。1万ドルが贈られる2位もまた同様。プロゴルファーたちは、自分たちがかつて汗を流した母校のために戦い、報奨を還元できるというわけだ。

残念ながら濃霧のためサスペンデッドとなった26日(土)のトーレパインズGCには、各大学のマスコットたちが集まり、スタートの遅延が続いた会場を盛り上げた。もちろんオクラホマ州立大出身、オレンジカラーがおなじみのリッキー・ファウラーをはじめ、多くの選手が賛同。ブラント・スネデカーはヴァンダービルト大のブラックのシャツを着た。また、来場したギャラリーも同様に、それぞれのスクールカラーをまとっていれば、プレゼントをゲット。テレビレポーターなどメディア関係者も、出身校にちなんだ“ベストドレッサー”を競った。

もちろんゴルフだけでなく、バスケットボールやアメフトなど大学スポーツが盛んなアメリカだからこその盛り上がり。けれど、日本ツアーでも、こんなイベントがあったら別の楽しみにもなりそうだ。米国に比べて高卒出身選手も多いため、一緒くたにはできないが、選手を“出身都道府県別“に分けて、各地域のゴルフ連盟に還元するのもいいかも。1つの試合で楽しみが複数にひろがりそうだ。

個人競技のプレーヤーをカテゴライズすることで、ファンが親近感を持つきっかけとなるかもしれない。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 ファーマーズ・インシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!