ニュース

米国女子クラフトナビスコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 クラフトナビスコ選手権
期間:04/03〜04/06 ミッションヒルズCC (カリフォルニア州)

元国内賞金女王が思い描く日本勢メジャー制覇の瞬間

国内ツアー18勝、海外ツアー1勝、そして1993年、94年と2年連続で賞金女王となった平瀬真由美が、カリフォルニア州ランチョミラージュで開催されている「クラフトナビスコ選手権」で、衛星中継(WOWOW)のレポーターとしてコースを駆け回っている。

自身の今大会初出場は94年。「あの時は海外メジャーがどんなものかも知らずに出場してあっさり予選落ちしました。悔しさとかも感じずに買い物をして帰りました」。しかし、翌95年に出場した際は「2度目だし予選ぐらいは通りたかったけどダメでしたね。帰りの飛行機でフォレストガンプ(映画)を見たのですが、映画に感動したのと自分のことがすごく不甲斐なく感じて、米ツアーに本格的に参戦することを決意したんです」。

その年の国内ツアーを賞金2位で終えると、年末に米国に渡り、予選会を経てツアーメンバーの資格を掴んだ。96年から99年まで米ツアーで戦った平瀬は、2000年に国内ツアーに戦いの場を戻した。しかし、「クラフトだけは出たかったので、私にとって米ツアーのスタートでもあり締めの試合にもなりました」と、7年連続で出場した当時の思い入れを振り返った。本人は言わなかったが、大会最高順位は99年の13位だった。

2000年5月に結婚し、現在は4児の母。14年ぶりにミッションヒルズCCに訪れた平瀬はクラブをマイクに持ち替えた。中継用のインカムを頭につけているが、コースに出ればプレーしている選手と気持ちは同調し、一喜一憂する。

2日目で予選落ちとなった宮里美香にラウンドの感想を聞いているうちに「よく頑張ったよね」と声をかけながら涙を流し、美香ももらい泣きする一幕があった。「みんな頑張っているから悔しい気持ちがよく分かるんでよ」と、やさしい視線でプレーを見つめる。

そして、ロープの外に立ち、自分も届かなかった日本勢のメジャー優勝に必要なものも感じるところがあるようだ。

「このコースでは彼女たちの飛距離では上位では戦えません。この試合で日本人選手が勝つには、6人全員があと20ヤードは欲しいですね。むしろ、全英や全米など毎年違うコースで行う試合のほうがチャンスは巡ってくると思います。でも、この大会の難しさ、雰囲気は日本にいては感じ取れないので、出場したら経験として今後に試合に結びつけてもらいたいですね」。

日本勢のリポートを終えた平瀬は、最終組についてコースを歩き、「優勝を争う選手たちの気迫は格別です。最終日は追いかける立場の選手がどこまでスコアを伸ばすか。そして首位に立つミッシェル・ウィとレクシー・トンプソンがプレッシャーの中でどこまで冷静かつ攻めのゴルフを貫けるかを楽しみにしています」と語った。

子育てに忙しく、なかなか国内でもトーナメント会場に訪れることは難しいという。「選手の気持ちを私が代弁することはできませんが、私が見た選手の様子などはこれからも発信していきたいです。そして、いつか日本人選手が再びメジャーで優勝する姿を目の前で見てみたい」とマイクを握りしめ、後輩たちに夢を託した。(カリフォルニア州ランチョミラージュ/本橋英治)

関連リンク

2014年 クラフトナビスコ選手権

横峯さくら参戦!宮里藍・宮里美香・有村智恵ら日本勢が世界に挑む!

横峯さくら参戦!宮里藍・宮里美香・有村智恵ら日本勢が世界に挑む!
カリフォルニア州のミッション・ヒルズCCで開催されるクラフト・ナビスコ選手権。今シーズンのメジャー大会第1戦で、毎年同じコースで行なわれることから“女子版マスターズ”と呼ばれる格式高い大会。優勝者が18番ホール脇の池に飛び込む、恒例の“勝者のダイブ”にも注目。 日本勢は宮里藍、宮里美香、有村智恵、上原彩子に加え、横峯さくらも参戦予定!WOWOWは熱戦の模様を連日生中継!大会初日は無料放送でお届け。



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~