ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/02〜04/05 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州、ミッションヒルズCC)

大舞台に向き不向き?それぞれの“メジャー感”

2009/04/05 15:29


米国女子ツアーのメジャー初戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」。3日目を終えて、横峯さくらが20位タイで日本人プレーヤーの最上位につけている。続いて30位タイに不動裕理、43位タイに上田桃子、60位タイに宮里藍という並びだ。横峯は、昨年大会でも19位タイと日本人最上位でフィニッシュ。海外メジャーで優勝争いの経験こそないが、海外ツアーに出場すれば安定した成績を残している印象が強い。

“メジャー”という響きは、国内ツアー、海外ツアーを問わず特別な重みを持つ。通常のトーナメントと比較して難度の高いコースセッティング、トッププレーヤーが集結する華やかな雰囲気、それらを統合してのタイトルバリューの高さ。大半のプレーヤーたちが、例年4大メジャーに標準を絞って調整を続けていると言っても過言ではない。

<< 下に続く >>

今週の宮里や上田からも、メジャーを意識したコメントが見て取れる。「メジャーのコースは精神的に削られるものがある」(宮里)、「流れをつくれないのがメジャーでの課題」(上田)などなど。

対して、海外メジャーの出場回数が決して多いとは言えない横峯。3日目を終えても「メジャーという意識はないですね」と平然と言ってのける。開幕前から同じような気持ちを抱いていたというが、いかにもマイペースを貫く横峯らしい言葉。その過剰意識の少なさが、大舞台でも安定して実力を発揮できる強みと言えるのかもしれない。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

2009年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!