ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米女子オープン
期間:07/05〜07/08 ブラックウォルフランチャンピオンコース(ウィスコンシン州)

誰も球を止められない?驚異のUSGAセッティング

2012/07/09 05:39


「全米女子オープン」3日目、最高の難易度を誇ったのは、6番(パー3)。左奥へと伸びたグリーンのまさに左奥に切られたピンは、左エッジから5ヤード、奥からはわずかに9ヤード。ピンまでの距離は207ヤードで、前後には深いブッシュが生い茂り、しかもフォローの風が吹いていた。65選手が挑んでバーディは2つ。ダブルボギー以上が9つで、平均スコアは3.708というものだった。

「あれはもう、よく切るなるなぁここにと思って」という宮里藍。想定では、バックティを使うときは、グリーンが受けている右サイドにしか切ってこないと、キャディと共に踏んでいたという。「手前ギリギリに落としたとしても、グリーンの傾斜があるし…。みんなどうやっているのかなと思いました」と首をひねる。宮里はU4でグリーンセンター奥に外して、アプローチを3mに寄せてパーセーブ。「私はパーだから良かったけど。さすがメジャーというか、やりすぎな感じはありましたね。あれは多分誰もボールを止められないです」。

風が難易度アップの大きな要因となったことは確かだが、スタート前にUSGAが出しているセッティング資料には、「このホールはたとえ風が手助けして、かつコース内で一番軟らかいグリーンだとしても、とてつもなく難しくなるだろう」とコメントされている。つまり、この難しさは初めから計画に織り込まれていたのだ。

この辺がUSGAのセッティングの幅の広さと言えるだろう。誰もピンと同じ面で止められないであろうパー3。あまりに進行が遅いので、前の組がグリーンに載せると、後ろの組に先にティショットを打たせるというという始末。明らかに、パーがバーディのような意味を持っているホールだったが、こんな理不尽とも思えるホールを静かに乗り越えた先に、偉大な名誉が待っているのだ。(ウィスコンシン州コーラー/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2012年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。