ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

昨年以上のドラマはあるのか?今季初メジャーもついに最終日へ

2007/04/01 00:00

今季初メジャーのクラフトナビスコ選手権も3日目を終え、いよいよ最終日に突入する。3日目に今大会で自身初の60台をマークした宮里藍が14位タイまで浮上し、トップ10入りを狙っている。「メジャーで優勝できる手応えを掴めた気がする」と、今大会で更なる高みに登りつつあるようだ。

「シンプルさ」と宮里はキーワードを口にした。「あまり考えすぎないようにする事」。それは、今大会のような厳しいセッティングの中では、より大切になってくるだろう。初日も、2日目も、そして3日目もトップは4アンダーで変わらない。我慢した者が生き残るという状況だ。

<< 下に続く >>

ちなみに、現在の上位陣の中でメジャーでの優勝経験があるのはトップタイの朴セリだけだ。朴セリは今大会で優勝すると、キャリアグランドスラムの偉業を達成する。初メジャーを狙うポーラ・クリーマーや、この日17番でティショットを木に当ててトリプルボギーを叩いてしまったロレーナ・オチョアとは、メジャー経験という点で大きなアドバンテージがある。

また、初日、2日目と2サムで行ったにも関わらず、決勝に入ってからは3サムでのラウンドに変更されている。炎天下の中、より時間が掛かる方式のため、選手には忍耐力も要求される。昨年も最終日にドラマチックな結末が待っていたが、今年も最後の最後まで楽しめそうな展開だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには築山栗子選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!